北東北へ

忘備録として

2012年5月12日から2泊3日の旅

初めての北東北へ 九州の友と3人旅
東京駅八重洲口近くのホテルに前泊。

世田谷の友に半日ガイドしてもらって
「浅草 スカイツリー 墨田川下り 銀座 皇居」まで
見ることができて3人で大喜びでした~ありがとう

旅の1日目
新幹線で仙台~ツアーバスに乗り換え一路厳美渓へ
厳美渓の渓谷を「伊達正宗が松島と並び褒め称た」と伝えられているとの事
丁度赤いツツジが咲いていて緑の中に美しいかった
20120512gonousenn.jpg
昼食後バスで日本海側まで走りました
秋田へ出て日本海を見ながら白神山系の十二湖へ
青池まで雨の中を歩きました。
山を下りて十二湖駅から深浦まで五能線に乗りました。
窓の外の日本海を眺めながらmiちゃんが
「五能線って失恋した人が乗るんですよね!淋しすぎる」と。
雨模様の夕暮れ時で日本海は鉛色。そんな気がしないでもなかったです!
深浦かまたバスの乗り換えて今夜のホテルへひた走る。
450m上ったホテルに到着したのは7時半ごろ。
直ぐ食事に行ったけど食堂は満杯状態でびっくりでした!
ゆっくりお風呂に入って無事に一日目が終わりました

2日目
8時半出発青森五所川原まで
ねぷた館見学 ねぷたの大きい事に驚きながら
歓愛を1周してお土産品を買ったり。
他のツアーの2台のバスが出るときにはねぷた温度でお見送りでしたが
私たちのバスが出るときは手降りだけ(*^^*)ゞ ポリ

五所川原駅から津軽鉄道に乗車して金木駅まで。
太宰治の成果が駅のそばに移築されているのを見学。
お仏壇だけでも今の価格にすると2000万円との事で
太宰治がお坊ちゃまだったことがわかります。
20120513tugaru.jpg
金木駅そばでお昼を食べて金きを離れ
一路竜飛岬までバスはまたまたひた走る。

風が強いとガイドさんの話を聞きながら重装備を。
キャディーさんみたいにスカーフで頬っカムリして!
降りてみたら案外風もなく日差しがあってそう寒く感じなかった
歩く歩道を3人で往復700段歩きました。
津軽海峡冬景色を聞きながら「ほんとにやってきたね」って
3人で感激でした!
2日目の観光は此処で終わり。
今夜のホテルへ向けて延々とバスに揺られて
車内では青函トンネル工事の模様がDVDで流されておりました。
・・・が 私は疲れてずーっと寝ておりました(*^^*)ゞ ポリ
miちゃんはしっかり見ていて「涙が流れた」とはなしてました。
寝なければよかったと思ったけど後の祭りでした(*^^*)ゞ ポリ
ほてるとうちゃくは5時
今日は明るいうちにホテル入りができて
気分もゆったりなり夜もぐっすり眠れた「


3日目
下北半島 陸奥湾クルーズ 仏が裏 恐山

出発は7時半 今日の行程も長い!
蟹田港からフェリーで陸奥湾クルーズ~下船してバスに乗り換え
仏が裏をクルーズするために移動が長かった。

仏が裏クルーズの船は漁船を加増したような船。
海が荒れると大変だそうですが・・・私たちは此処でも海が静かで
お日様サンサンで酔うこともなく楽しく遊覧できました!
バスの中でお昼の弁当を食べたのは
「もしバスや船に酔ったら吐く物があった方が苦しくないから」と
全部終わってからガイドさんが話してくれました。納得でした!
20120514simokita.jpg
午後は下北半島 最北端の大間崎へ 此処では昆布を土産に買いました。

この旅の最終は かの恐山
ガイドさんが怖いような話をされて雰囲気を作ったので
恐山を歩くときは気分が普通ではなかったけど無事に1周できました。

ある時期から恐山の名前を知りなんとなく想像していたのですが
現地に立ってやはり異様な雰囲気でした。
火山らしく・・・あちこちで白い煙が上がっていて
「此処の近くでは煙草を吸わないでください 引火する恐れがあります」と
立て看板をしてありました。

此処に長くいたらガスで気分が悪くなるので
昔の人たちは「恐山のたたり」と思ったのでしょうね!

3日目も無事に観光を終えて八戸駅へ。
夕方6時過ぎの新幹線祈り東京駅着は10時近くになりました!
又ホテル後泊。

翌日は「半日はとバス観光」をして
九州の友を見送り家路につきました。
楽しい4泊5日になりました~又どこか行きましょうね♪

Latest posts