FC2ブログ

山藤とオトシブミ


5月16日の写真日記からです(*^^*)ゞ ポリポリ。

宮ヶ瀬湖の奥の奥 「早戸川国際マス釣り場」 の少し手前。
早戸川橋を渡って(車両は禁止 人は入れる)初めての早戸川林道を歩いた。
林道なのでシーンと静まっていて知らない鳥の鳴き声だけが聞こえていた。

山藤が丁度見ごろ。眺めて写真を撮ってナカナカ進めなかった。
0516hayato_huji.jpg


林道での一番の収穫は 
オトシブミ に出合ったことでした。

0516otosibumi_a.jpg

分かりやすく書いてあったのでネットからお借りしました。

初夏にクリ、クヌギ、ハンノキ、シラカバなどの葉を巻いて、中に卵を産みつける。
この卵の入った葉の筒を揺籃(ようらん)とよぶ。
揺籃は切り落とすこともあれば、切り落とさないこともある。
卵からかえった幼虫は中で葉を食べてさなぎになる。
揺籃の形が、むかしの落とし文の形に似ているところからついた名である。

0516otosibumi.jpg
NHKTVでファーブル昆虫記をやっててオトシブミも見ていたので
林道で転々と落ちているのを見て オトシブミだぁ~って分かり感激しました。
本物を見たのはこれが初めてです。

こういう場所に落としています   車も通らない林道だから安心なんでしょうね
0516hayato_rinndou.jpg



林道からみえる風景
人にも逢わず静かだったけど・・・少々一人歩きは心細かった!
0516hayato_rindou.jpg
主人は大分先まで行きたいとのことでどんどん歩いて見えなくなった。
3500歩程歩いたところで大声で呼んでみたが返事無し。
時計は4時半 此処で折り返す事に決めた。明日も出かけるので疲れたくなかったのです。
ゆっくりゆっくりと帰り道は上を見ないで道路を見て歩いていたら
黄ケマンソウにも出会うことが出来てラッキーでした。
0516ki_kemansou.jpg


Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts